FC2ブログ
デルフィーヌ(モード・フォルジェ)
好きな映画が実在の人物や事件であることって多いですね。この『デルフィーヌの場合』も実際に起きた事件を脚色したものらしいです。このデルフィーヌを演じるモード・フォルジェはとても透き通る白い肌の小柄な可愛い少女でとても好き。その後、イザベル・ユペールの娘役で出ていた『いつか、きっと』では少しふっくらしていたけど今後も期待している女優さん。そして、転校生としてやって来るオリビア役はルー・ドワイヨン(バーキンそっくりなパーツ大きくハッキリクッキリ濃い大人顔の少女)。このふたりの少女は15歳。派手で悪い遊びに慣れているオリビア。初心なデルフィーヌはそんな彼女に惹かれる、ふたりの友情は好き。そして、初恋の男の子ロランとの体験。ロランが今の現実から逃げ出したいという、一緒に逃げるにはお金が必要。その資金作りのために、デルフィーヌとオリビアは売春行為を毎日行う。その場面は露骨ではないけれど、わたしは居た堪れないものだった。実際に幼い体を差し出したかのようにソフトには書かれているけれど、そんな描写はない。しかし、1991年のフランスで実際に起きた事件がどこまでの内容だったのかは知らない。どちらにしろ、デルフィーヌはロランへの一途な気持ちからの行為。彼女にとって、その時、正悪の判断の余地も無くただ一途。そういう時期があると思う。ムカつくのはたいして美男でもない優柔普段そうなロラン。こういう男の子、普通にいそうな気がする。また反対にこういうロラン的な女の子もいる。デルフィーヌのような一途な男の子もいる。絵空事ではない。繊細なストーリー展開とは思えないけれど、デルフィーヌはその後どうしているだろうか...と考える。ロランはまさかこんなことに!という軽い気持ちだったろう。少女期の親や社会が目に入らない時期の美しさと怖さ。この映画が好きかと尋ねられると、「ノン」!でも、観て良かったと思うし観ずにはおられない。

デルフィーヌの場合 原題 : Mauvaises Frequentations 製作年 : 1998年 製作国 : フランス

                                        青猫

Mauvaises
スポンサーサイト

テーマ:映画 - ジャンル:サブカル

【2008/11/24 15:35 】
未分類 | コメント(2) | トラックバック(0)
| ホーム |