スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:-- 】
スポンサー広告
レモン・インセスト(シャルロット・ゲンズブール)
茉莉ちゃんも大好きな『なまいきシャルロット』は欠かせないのですが、わたしが最初にシャルロットにドキンドキンしたのはお父様の『LOVE ON THE BEAT』で歌わされている少女シャルロットの姿を妄想し焼き付いてしまった時。もうあの一生懸命歌っている鼓動が響くようで。とにかく可愛いとしか言えません。語尾で息途絶えそうなところなど、もう全身震えます。なんというのか、『スーパーガール』のヘレン・スレイターが宙を軽く飛ぶシーンがありますが、わたしもそんなことが出来そうな妙な錯覚を覚えるみたいな。セルジュはナボコフの『ロリータ』を実の娘シャルロットと!この時期を待っていたのでしょうね...遂には賛否両論の近親相姦映画『シャルロット・フォー・エヴァー』まで作りました。シャルロットが成長してきたので、次の白羽の矢はエロディ・ブシェーズに。とんでもない審美眼だと敬服する次第です。そもそも、元祖フレンチ・ロリータとでもいうべきフランス・ギャルをアイドルにしてしまった。これは幸か不幸かと複雑な思いでもやもやします。茉莉ちゃんのお好きなヴァネッサちゃんもセルジュが大きく担っていますしね。

今回から『少女イデア』の一員になりました青猫と申します。ロリ声大好きで音は限りなく暗いほうがさらに好みです。絵的には痩身、薄胸、色白、薄めの顔立ち(パーツは大きくない方が好き、でもテリトリーかなり広い)の気の弱そうな少女が好みです。髪や瞳の色は臨機応変。茉莉ちゃんはブロンド好きでしたね。フランスはあまりオリジナル・ブロンドの国ではないですがブロンドにさせられ、そのイメージのままのバルドーやドヌーヴ...セルジュとは趣の少し異なるロリータ調教師ロジェ・バディムも欠かせませんね。憎いような気もしますが作品はほぼ好きです。

画像ですが『シャルロット・フォーエヴァー』よりです。『レモン・インセスト』のセルジュの裸体が好みでありません。でもセルジュ好きというアンビバレントさ。シャルロットは『レモン・インセスト』の頃12歳くらいで、『シャルロット・フォーエヴァー』の頃は14歳くらい。良い時期ですな。やはりセルジュは逃さなかったですね。確信犯ですね☆LOVE etc.

レモン・インセスト 原題 : LEMON INCEST 製作年 : 1984年  製作国 : フランス

                                      青猫

charlotte.jpg

スポンサーサイト

テーマ:妄想が…はびこる!! - ジャンル:サブカル

【2008/10/07 10:02 】
音楽 | コメント(0) | トラックバック(0)
<<ゴー・オン・フォーエヴァー(ソフィー・マルソー) | ホーム | マチルド(ヴァネッサ・パラディ)>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://shoujoidea.blog23.fc2.com/tb.php/27-fb8ad7e0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |