スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:-- 】
スポンサー広告
ゴー・オン・フォーエヴァー(ソフィー・マルソー)
フォー・エヴァーつながりということで、いやがおうにも思い出されるのが『ラ・ブーム』の挿入歌だった「ゴー・オン・フォーエヴァー」。これがまたなんともいい曲で・・・いまでもどっぷり浸れるし、聴きながらうっすら目が潤んだりもしてしまう思い入れの強い1曲なのです。歌っているのは、主題歌「愛のファンタジー」を大ヒットさせたリチャード・サンダーソン。ピンクのハート型シングルなんてのもありました(笑)。「愛のファンタジー」はサンダーソンがソロで歌っているのですが、「ゴー・オン・フォーエヴァー」は女性ヴォーカルとのデュエット。誰が歌っているのか知りたいのだけれど、手許にある1と2のサウンドトラックをカップリングしたCDにはとくに表記がなかったり。しかも、そのCDには曲名が「ゴー・オン・フォー・エヴァー」と表記されていて。なのでフォー・エヴァーつながり・・・なんですけど。まわりくどいうえにややこしくてすみません。作曲は名匠、ウラジミール・コスマ。劇伴も手掛けた作曲家が書き、ピンの歌手に歌わせてヒットした主題歌って、意外と珍しいような気がします。他にぱっと思いつくのは、『華麗なる賭け』の「風のささやき」、かな。今ではなにゆえ仏映画に英語? と思いますが、まだ当時はそんなに英語曲が氾濫していなかっただけなのかも。そして、やっとですよ。主演はもちろん、当時13才のソフィー・マルソー。あの憂いをたたえた目許がすごくキュート。健康的なようで、ほのかに漂うアンニュイさが、いかにもフランスの女の子ってかんじで。彼女に自分を重ねて、リセエンヌに憧れた女の子も多いんじゃないかと思います。もちろん将来は、リッキー・リー・ジョーンズの1stアルバムのジャケット写真みたいになるだもん! みたいな。そういえば、『ほうらリセエンヌ』なんて少女マンガもありましたね。

ラ・ブーム 原題 : La Boum 製作年 : 1980年 製作国 : フランス

                                 林茉莉

sophie.jpg
スポンサーサイト

テーマ:映画 - ジャンル:サブカル

【2008/10/08 14:25 】
映画 | コメント(0) | トラックバック(0)
<<エレーヌ(エマニュエル・ベアール) | ホーム | レモン・インセスト(シャルロット・ゲンズブール)>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://shoujoidea.blog23.fc2.com/tb.php/28-9abd102e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |