スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:-- 】
スポンサー広告
シビル(アン・ザカリアス)
新年明けましておめでとうございます。年明け早々にこのような内容は顰蹙かとも思いますがずっと言いたくて、でも、言い出せなくていました。原作『少女ネア』の作者はエマニュエル・アルサン。あの『エマニュエル夫人』。という訳で、この『少女ネア』の映画化も英語圏でのタイトルは「ヤング・エマニュエル」とかそういう感じ...売り方に先ず大きな間違いがあるし、この映画も格別好きではない。女流監督ネリー・カプランによる作品で、お気に入りの俳優が揃っているので観たものだった。ネアはシビルに変わっている。16歳の高校生でまだ性体験はない。何から書こうかと思うけれど、然程好きでもない映画ながら観てしまうのだし、印象に残っているのだから嫌いな作品でもないのだろう。その印象に残っている好きなところを書いてみる。このシビル役のアン・ザカリアスは当時19歳か20歳頃のスウェーデン人の女優。16歳という設定のシビルながら妙なアンバランスな魅力であった。あまり私の好みの顔たちではないけれど、裸体はとても綺麗である(これも私見ながら)。スラリとした脚が特に好きだ。顔はややヤツレタ感じで老けていると思った。また、この少女は大の読書家でもあり、文才もある。ある本屋で万引きをするところから始まる物語。その盗んだ本が欲しい訳でもなかったという辺りは重要だと思う。何がって、この時期の少女の心の揺れの特徴だと感じるから。しかし、盗みはいけない。ハンサムな書店の店主(サミー・フレイ)にこの少女は大胆にも性体験を要請する...そうした展開の中で少女シビルの書いたポルノ小説をその店主は盗作し、仕返しされ、なんだかんだという経緯後、ふたりの仲はハッピーな感じ...この間の展開や描き方があまり好きではない。多分、それは私の生理的な感覚から思うことだろうが。

少女エロスな映画とも言えるのだろうけれど、何故、いつも映画大国フランスはこのような少女の描き方を好むのだろうか?男性監督ならまだしも、女性監督ですら。ただ、ふとした場面の繊細さを感じることもできるが、私が思う(好きな)少女世界からは遠い。けれど、アン・ザカリアスの美しい脚を観れること、脇を固める俳優は超一流であるのは素晴らしい!一概には言えないけれど、文学少女はかなり独自のエロティシズムを持ち、妄想する想像力がある人が多いようにも思う。活字を読む作業、本の頁を捲る作業はある意味、私にとって快感である。それは脳内の少女世界へ、あるいは二次元へと繋がるからであろう。

シビルの部屋 原題 : Nea 製作年 : 1976年 製作国 : フランス

                                        青猫

nea

スポンサーサイト

テーマ:映画 - ジャンル:サブカル

【2009/01/09 04:18 】
未分類 | コメント(0) | トラックバック(0)
<<サチ子(宮崎あおい) | ホーム | ヒラリー(レイチェル・グリフィス)とジャクリーヌ(エミリー・ワトソン)>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://shoujoidea.blog23.fc2.com/tb.php/41-c9d96e7c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |