スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:-- 】
スポンサー広告
謎の少女(ロール・マルサック)
定期的に閲覧している掲示板のとあるスレッドで、三浦しをんが「女は、他人のために命がけになったりしない」というような発言をダヴィンチ誌上でしていた、という内容の書き込みを読みまして。前後の繋がりが不明なので、それがどういう意図のもとになされたのかはわかりません。おそらくは、滅私奉公という精神論を支える切腹ナルシズムなる美学、そういうのって女性にはないよね、というようなニュアンスだったんじゃないかと思うんですが。そこへ前のめりに食いついていこうという姿勢が、いまや新聞や情報番組でも採り上げられるようになった武将萌え、すなわち命をかけて主君に仕える生きざまへの思い入れなんじゃないかと。とは言うものの、母性ですとか母性愛も、命がけとか無償の愛の代名詞みたいに使われることが多いわけですよ。そういう意味で、これこそが至上なんて言えないですね。もちろん、その愛に尊卑をつけるなんておこがましいことも、当然できないわけですけど。かくいうわたしが「他人のために命をかける女」というキーワードで思い出すのは、ミラ・ジョヴォヴィッチ版『ジャンヌ・ダルク』の序盤で、ジャンヌの住む村がイギリス兵に襲われるシーンです。ジャンヌの姉は妹を戸棚にかくまい、自分は抵抗もむなしく刺殺されます。そしてイギリス兵たちは、その骸を陵辱するのです。自分のために姉が犠牲になったことに苦しみ、やがてジャンヌは、復讐は何も生み出さないという神父の忠告をよそに、王太子のもとへ赴くと。しかしこの一連のシーケンスは、監督であるリュック・ベッソン、そしてベッソンとともに脚本を執筆したアンドリュー・バーキンの創作によるもの。その独自の解釈が賛否両論を巻き起こしましたが、彼らはおそらく、「人間・ジャンヌ・ダルク」を描こうとしたのでしょう。しかしながら、歴史に取材し、祖国の英雄を描いた作品としては、その手法がいささか安っぽかったのは否めない事実。というか、いかにも「男の子が考えた」お話くさいとでも言えるかな。なんかね、『X-ファイル』というドラマで、モルダーが揶揄を込めつつ「君は科学者なのに神を信じるのかい?」と相棒のスカリーに問いかけ、彼女が「それとこれとは別なのよ」と答えるシーンがあったんですけど、それを思い出してしまいました。『タクシー』という作品で、『カイエ・デュ・シネマ』誌をちぎって尻を拭くシーンを挿入したベッソンならでは、といったところでしょうか。わたしはもちろん、身を挺してかばってくれた姉のため、復讐心に燃える乙女って設定にウハウハですよ。あほですね(笑い)。

で、今日の本題。前述のアンドリュー・バーキンはシナリオ畑の人なのですが、初めて役者として出演したのが『ラ・ピラート』という作品。しかも、実の妹であるジェーン・バーキンの夫役。監督と脚本を務めたのは、当時ジェーンと交際していたジャック・ドワイヨン。これがまた、なんとも80年代のフランスらしい映画と言いますか、ぼけーっと観てると何がどうなってるんだかよくわからない。おそらく象徴や隠喩がそこここに散りばめられている、ように見える。当時のフランス映画家でわたしがいちばん好きなのは、ジェーンと親交の深かったアニエス・ヴァルダ。その理由はいたって簡単明瞭で、あるものをあるがままに撮っているから。それが胸を打つ1本のシナリオとなりうるところが、才能の才能たるゆえんってやつでね。夫のドゥミを陽だとすると、ヴァルダは陰を全部引き受けていたような気がする。でも、鬱の押し売りにはならないんですよ。だからすごいんだけど。では『ラ・ピラート』の筋をかいつまんで要約すると、ジェーン扮するアルマを、かつての恋人キャロルが奪いにくる。アルマのほうも焼けぼっくりに火がついて、キャロルとヨリを戻すことを願うのだが、夫に対する罪悪感もある。キャロルはなぜか少女を伴っていて、どうやらその少女もアルマのことを愛している様子。妻を奪われた夫は怒り狂い、素性のあやしい男「ナンバー5」を雇って後を追わせる。後半、どうやらその「ナンバー5」もアルマのことを愛してしまったっぽい。くんずほぐれつの愛憎劇が繰り広げられたあげく、アルマは「わたしを殺して」と哀願。なぜか拳銃を持ち歩いていた少女がその望みをかなえようと、引き金を引く。しがらみから解放されるアルマ。ラストシーンは車のバックシートでアルマをかき抱く少女の姿。

ゴダールの『カルメンという名の女』を観て感銘を受けたドワイヨンは、カルメン役を務めたマルーシュカ・デートメルスにキャロル役を依頼。しかし『カルメン~』そして『ラ・ピラート』のいずれも、イザベル・アジャーニから蹴られたうえでの、というオチがつくんですけど。レズビアン、ゲイ、そして実の兄妹が夫婦役という、時代を考えればじつに挑戦的な内容であったわけだけれど、わたしがここで言及したいのは、もちろん謎の少女を演じたロール・マルサック、当時13才。なんとも大人びていて、妖艶ですらあるたたずまいが素晴らしい。タイプはまったく違うけれども、『ロスト・チルドレン』のジュディット・ヴィッテにひけを取りません。そんな娘が、慈母のごとくアルマをいたわる数々のシーンに、どうして悶絶せずにいられるでしょうか。そしてところどころ、年頃の女の子らしい仕草を見せる部分もあったりしてね。目尻は下がりっぱなし、口元はにやけっぱなしですよ。この謎の少女役も、もともとはシャルロット・ゲンズブールに依頼していたらしいのだけれど、他作品と撮影がかぶってしまったためにNG。急遽プロデューサーが捜し回り、知り合いが勤める演劇学校に通っていた彼女を抜擢したそうです。でも、シャルロットだと全然イメージが変わってたな。自分はロールが演じてくれて良かったと思います。カンヌでは酷評されたらしいこの作品も、興行的には成功したとか。しかし目ぼしい画像が見つからなかったんで、キャプってくるまで暫定のもので。

ラ・ピラート 原題 : La Pirate 製作年 : 1984年  製作国 : フランス
                                林茉莉

pitrate.jpg
スポンサーサイト

テーマ:映画 - ジャンル:サブカル

【2009/01/21 14:45 】
映画 | コメント(0) | トラックバック(0)
<<マリー(アンヌ・ヴィアゼムスキー) | ホーム | サチ子(宮崎あおい)>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://shoujoidea.blog23.fc2.com/tb.php/43-88ecdd2f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |